広島で離婚問題、財産管理・遺言、交通事故、借金問題などを扱う弁護士事務所勁草(けいそう)法律事務所のホームページです。


広島駅徒歩役8分の好立地。


法律の豆知識や事例も紹介。


離婚調停まで至るような場合、多くの人は配偶者とやり直す気持ちがないと思います。


そこで、まだ離婚は成立していないけれど、一足早く恋人を作るという人も。


離婚調停中に好きな人が出来た場合、交際しても問題ないの?と疑問を抱く方が多くいらっしゃいます。


今回は離婚調停中に新しい恋が芽生えた場合のお付き合いについてご説明します! 別居をした直後に他の方とお付き合いすることは絶対にやめましょう。


仮に裁判上は破綻と判断される場合にも他の方と付き合い出したことに対して相手方が反発し、協議や調停で相手方と争いになってしまい、話し合いが停滞することもあるでしょう。


離婚調停 メール 証拠では、不貞の決定的証拠がないので(メールや、他人の証言ではダメで、現場をおさえるしかないことは知っていたので)慰謝料は請求できませんが、とにかく離婚したかったので調停に持ち込んだのです。


8ヶ月間の調停成立までの別居期間は離婚までの婚姻費(給料の4/5(住宅ローン含む))を払い続けてもらい、 調停の結果は不貞での証拠がなく(上記のようなメールだけ)元旦那には慰謝料名目で(法的文書にはなっていません)車と家財道具、養育費。


別居、離婚調停中の妻から私物を運び出すとのメールがありました。


調停委員の方からも聞いていたのと、これまできたメールには一切返信しないように妻から言われていたので、返信しませんでした。


それなのにこの事に関しては了承するよう返信を求めてきます。


調停委員の方にもご自由にどうぞと伝えてあります。


自分勝手に返信するな、返信お願いします。