ビタミンDが不足してしまうと、ビタミンD欠乏症になってしまうことがあり、特に育ちざかりの子供や妊婦、それに更年期を過ぎた女性などには欠かせないと言われていますので、ビタミンDを摂取しましょう。


そしてビタミンD欠乏症になってしまいますと、人体への影響が多くあると言われており、疲れやすい体になってしまうことや骨が弱くなってしまうことがあり、更年期を過ぎた女性は骨粗鬆症になる事もあります。


また少しの運動で筋肉に痛みがでることがありますし、筋力の低下もあると言われており、重度の場合には骨に痛みがはしることがあると言われていますので、骨に痛みを感じたらすぐに診てもらいましょう。


それに妊婦がビタミンD欠乏症になってしまいますと、胎児に影響があると言われていますし、高齢者はちょっとした衝撃で股関節が骨折してしまうこともあると言われています。


こうしたビタミンD欠乏症は、カルシウムの吸収に大きく関わっていることを忘れないでください