離婚調停 離婚拒否では、一回目の調停でバッサリ離婚拒否して終わらせる方が良いのでしょうか?私が離婚を拒否して、調停等になってしまった場合、どのような手続きになっていくのでしょうか?離婚調停が成立するまで面会を拒否できるでしょうか?等々の質問が相談されています。


夫婦の間で離婚することに合意の成立しないときは、家庭裁判所の離婚調停を利用できます。


調停で離婚に合意ができると、家庭裁判所で夫婦の合意事項を調書として作成します。


調停では法律的な主張を求められませんので、個人で申し立てをしても対応することができます。


弁護士を依頼せずに自分で対応をすれば、費用も僅かで済みます。


離婚調停を自分で進める方法を女性弁護士木下(弁護士歴19年)が25回の連載で詳しく解説。


1万人以上が利用した無料アドバイスブックもご案内。


調停の流れをつかみ,準備手順,離婚調停の場所,時間,必要な費用を知ることで不安を無くしましょう。


離婚調停を申し立てられた相手方には,呼び出し状(調停期日通知書)が届きます。


無視して照会事項に回答せず離婚調停期日に欠席すると様々な不利益があります。


どのように対処すべきなのか,弁護士に頼むべきなのかを解説しています。


調停離婚は、相手が、話し合いによる離婚(協議離婚)に応じてくれなかった場合、家庭裁判所に夫婦関係調整調停(離婚調停)の申立てを行います。


離婚に向かって話し合いを相手と繰り返しても、財産分与の金額、慰謝料の有無、親権をどちらが持つか、そしてそもそも離婚するか否かなどについて、話し合いでまとまらないこともあるでしょう。


そのような時、離婚調停をすることが必要となります。


これから離婚調停に臨む方に事前に流れをイメージして戴くことで、少しでも緊張などが和らげばと思い、離婚調停の流れについて書きました。


協議離婚を目指す夫婦の話し合いがまとまらず、離婚合意まで至らないこともあります。


このようなときは、家庭裁判所の離婚調停を利用できます。


離婚調停は、裁判のように法律に基づく主張をする必要はないので、自分だけでも行なうことができます。


また、利用の費用も僅かで済みます。


家庭裁判所への手続きが分からないときは、家庭裁判所の手続き案内を利用すれば無料で教えてもらうことができます。


【PR】 意を決して夫に離婚を切り出したにも関わらず、夫から離婚を拒否されて途方に暮れている方はいませんか?夫が離婚拒否をするという話はよく耳にしますが⇒円満離婚