債務整理は家族に知られずに、行うことができます。


債務整理の結果は、本人以外の家族を含めた第三者に影響しないので安心してください。


本人以外が持っている財産が処分されたり、進学や就職の障害になることはないと考えてください。


家族がお金を借りるのも、問題ありません。


ただし、注意したいのが家族が保証人などになっている場合です。


債務整理の種類によっては保証人になっていると、本人に代わって返済の義務が生じることがあります。


また、配偶者がクレジットカードを作るときに債務者本人を「主たる収入者」として契約していた場合は、そのクレジットカードは利用できなくなります。


主な影響はこの2点です。


場合によっては、打ち明ける勇気も必要になるでしょう。


契約書や請求書は、過払い金請求をする際に借り入れ状況を把握するための資料として使用しています。


過払い金請求をする人は多くが5年以上、取り引きをしているので、契約書や請求書をなくしてしまうことは珍しくありません。


しかし、もしなくても過払い金請求自体は可能です。


法的に貸金業者は、全取引の履歴を開示する義務を負っています。


開示された取引履歴から、過払い金の返還を請求できます。


ただ、長期間の取り引きになっている場合、全ての履歴が開示されない場合もあります。


完済した経験があるときも、同様のことが起きる可能性があります。


履歴が全て正しく開示されているか検証するためにも、資料が残っている方が良いでしょう。


一番最初に借り入れをした時期が分かる資料や記憶は、特に大事です。


口コミなどを頼りにどこの弁護士に依頼するか決めましょう。


インターネットを利用すれば、無料で借金の診断もしてくれる法律事務所をナビで調べることもできますよ。


債務整理は自分だけでも行うことはできます。


裁判や債務整理の手続きなどで必要になる書類は市役所で発行できるので、今自分がどれだけ借入をしているかなどの情報を記載し、消費者金融へ和解の交渉をし、裁判所で手続きを済ませば、債務整理は行えます。


ですが、債務整理を自分で行うには専門的な知識が必要になってくるので、どういったふうに債務整理をするのか分からない場合は、弁護士や司法書士に依頼をしましょう。


必要となる書類も、任意整理や個人民事再生、自己破産など方法によって変わってきます。


また、過払い金が発生している場合も、自分だけで行ったときには気づかないことが大半です。


そのため、専門家の知恵を借りて債務整理を行うことをおすすめします。


相応の知識がなければ、消費者金融との交渉も決裂してしまう場合があるので気をつけましょう。


債務整理とは 手続き