薄毛の女性の多くが、出産をためらうという悩みを抱えていることを知っていますか? 男性は薄毛でもあまり気にせず子づくりをしたいという人が多い印象ですが、薄毛に悩んでいる女性の場合は自分の遺伝子を残すことにためらっている人が多いのです。


自分のように髪の毛が薄かったらどうしよう、この遺伝子を受け継いでしまうときっと子供も悲しむことになる、と悲観的になってしまうんですね。


でもなぜ女性のほうがそういった悩みをかかえているのでしょうか? 一つは、男性は多少髪の毛が薄くても対して悩まないんですよね。


もちろん悩みはするのですが…女性とは深刻さが違いますよね。


女性の薄毛の場合は、本当に暗く抜け出せないトンネルのような世界をひたすら走り続けるような辛くて深い悩みのような気がします。


というのも男性に比べて女性の薄毛は割合が低いですし、男性にくらべて目立ちますし髪の毛が薄いというだけで色々なことに自信が持てなかったりするんですよね。


これはもう性差であって、どうしようもできないこと。


差別だ、というわけではないですが、なかなか抗うのは難しいんです。


でも、これは個人的な意見ですが、遺伝子って本当に不思議で自分が薄毛だからってその遺伝子を受け継ぐかどうかなんて分からないんですよ。


それに、たった1年で医療は劇的に進歩する時代ですし、将来どうなっているかなんて分からなくないですか? おそらく今悩んでいる薄毛も、5年先には直せるようになっていることだってあり得るんですよ。


そう考えると、薄毛を理由に出産をためらうのはもったいないような気がします。


出産だけでなく、色んなことを諦めるのはもったいない。


確かに悩むかもしれませんが、あなた自身がすばらしい人だということにはかわりありません。


どんな個性があろうと、もっと個性が認められる時代になるといいですよね。


「女性 育毛剤 おすすめ 即効性」 おすすめの育毛剤もチェックしてみてください。