長女が10歳になりました。


あっという間の10年。


気づけば身長も伸びて目線がだいぶ近くなったし、靴下やブーツなどサイズも近いから共有出来るものも増えてきました。


そんな長女は今、中学受験の入り口にいてとても大変そう。


中学受験塾に通い始めて早十ヶ月。


学校の宿題と塾に宿題に追われる毎日。


唯一ののんびりタイムは寝る前1時間の読書だけ。


そもそも小学校受験を経て、大学付属に通っている長女。


そのまま内部進学をして大学へというルートだったはずが、他に行きたい中学があると長女が言い出したのが 1年前。


『そこそこ』勉強しておけば楽に大学へ行けるのに…と思ったものの、娘の人生だから娘の意見を尊重しよう と始めた中学受験。


受験用の勉強は、学校の勉強とは異なり過ぎて、そして難しい!時には泣きながら苦戦している長女を見ると辛くなり、遊ぶ時間もないのは可哀想と思います。


でも。


自分で決めた事。


大変な思いをしても、なんとか乗り越えて頑張って欲しい。


自分で目標を決めてやり遂げた経験は、絶対に無駄にはならないと信じています。


まだまだ子供だけど、少しずつ自分の人生を考え始めた長女の成長を実感した、そんな10歳の誕生日でした。