皮ふの奥底で生み出された肌細胞はちょっとずつスローペースで肌の表面へと移動し、結果皮膚の表面の角質層となって、約一カ月後にはがれ落ちていきます。


これらの活動こそが新陳代謝の正体です。


美容外科(plastic surgery)は、正式には外科学の中の一つで、医療に主眼を置いた形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異質のものだ。


また、整形外科とも勘違いされることがよくあるがこれとはまったく異分野のものである。


アトピーの素因:家族歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん)の内いずれか、もしくは複数)、IgE 抗体を生産しやすいと思われる主因、など。


今人気の頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも名付けられているお手入れ方法です。


頭皮は髪の毛の症状の代表である脱毛や薄毛に非常に大きく繋がると供に、フェイスラインの弛みにも悪影響を及ぼします。


「アトピー」とは「限定されていない場所」という意味を持つ「アトポス」と言うギリシャ語から派生し、「遺伝的な素因を持った人だけにあらわれる即時型アレルギーによる病気」に対し名前が付けられたと考えられている。


例えば…あなたは今、パソコンを眺めながら頬杖をついてはいませんか?この癖は手の平からの圧力をめいっぱいダイレクトに頬へ当てて、お肌に余計な負担をかけることにつながっています。


早寝早起きを習慣付けることと7日間であたり2、3回楽しい事を続ければ、体の健康の度合いはアップすると言われています。


こんな場合も起こりますので、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方は皮膚科を受診して相談してみましょう。


例を挙げるなら…あなたは今、PCを見ながら頬杖をついているとします。


実はこの癖は手の平の圧力を目一杯ほっぺたに与えて、お肌に不必要な負荷をかけることに繋がるのでお勧めできません。


下まぶたのたるみが現れた場合、男女関係なく実際の歳より年上に見えます。


顔面のたるみは多くありますが、中でも殊更目の下は目立つ部位です。


尚且つ、お肌のたるみに大きく結びついているのが表情筋。


これは様々な表情を作り出している顔にある筋肉のことです。


肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、この筋力も加齢にともなって鈍くなるのです。


よく女性誌でさもリンパの滞りの代表格のように書かれる「浮腫」には2つに大別して、身体のどこかに病気が潜伏している浮腫と、なにも病気を持っていない人でも出現する浮腫があるらしい。


深夜残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に放送されるスポーツ観戦・翌日の夫のお弁当や朝食の下準備…。


皮膚に良くないということは分かっていても、本当は満足できるような睡眠時間を確保できない方が大半を占めているのは明らかです。


メイクアップの長所:新しい製品が出た時の幸せ。


化粧前のすっぴんとのギャップがおもしろい。


いろんな化粧品に資金をつぎこむことでストレスを発散できる。


化粧をすることそのものに面白みを感じる。


外観を装うことで精神的に活発になって余裕が出るのは、顔にトラブルの有る人も無い人も同じことです。


私はメイクを自ら元気を発見する最高の手段だと思っているのです。


美容外科というのは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形を矯正するよりも、もっぱら美的感覚に基づいてヒトの身体の容姿の改善を図る医療の一種で、完全に独立している標榜科のひとつだ。