転居とともに絶対必要になる手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。


いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。


転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を提出して、届を書き、少し待っていれば手続きは完了です。


先週末に引っ越しと宅配クリーニングました。


荷物や布団の移動が終わって、夕方、部屋の電気をつけて、「ここに住むんだ」とジワジワきました。


こんなこともめったにないので普段ならぜいたく品のピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しと宅配クリーニングのお祝いをしました。


期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。


引越し業者はたくさんありますので迷ったのは事実です。


周りの人や口コミを見聞きしても、その時に来られた営業さんやバイト君の対応しだいで、評価は良かったり悪かったりして、最終的には、アリさん対パンダさんの勝負となりました。


公団から新築住宅へ引越した訳ですが、結構、スムーズに引越しと宅配クリーニング洗濯する作業をしていただけて、アリさんに感謝しているわけです。


引越しをするにあたり、土日祝日はコストが高くなります。


休みは土日や祝日だという人が大多数なので、引越し希望者が殺到するからです。


電気料金を例にしても、使用の集中する日中の方が高く、そうではなくなる深夜は安く設定されていますよね。


極力人気がない曜日を選択すれば、引越し代を節約できるでしょう。


単身で引っ越しと宅配クリーニングするときベッドの移動は悩みの種です。


ロフトなしワンルームであれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


また、専門業者やクリーニング店の腕を持ってしてもドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまうハプニングも起こるようです。



北海道の宅配クリーニングをお探しならこちら

そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみると家の中がすっきりしていいかもしれません。


引越しを行うとなると、大量の荷物や布団を入れた段ボールを移動させたりどかしたり、業者さんに混じり大型荷物や布団や洋服や布団を運んだりと大忙しです。


一定時間行っていると、手のひらは真っ赤になります。


業者やクリーニング店さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をしています。


引越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店にお願いをしても、自分専用の軍手が必要です。


引っ越しを行って住所変更となった時には国民年金の、居所の変更届けを出す必要がございます。


当人が加入者である「国民年金第1号被保険者」の例では市区町村の受付窓口に、被保険者住所変更届を出します「国民年金第3号被保険者」の際には配偶者が勤務する企業の社長に被保険者住所変更届を出さなければなりません。


近いうちに引越しと宅配クリーニングを行うことになりました。


住所変更の手続きに伴い、車庫証明も取り直す必要があるらしいです。


実家に住んでいた時には、こんな手続きは全て父がしてくれていました。


それなのに、父自身は面倒だとか、大変だとか一度も言ったことがないような気がします。


やっぱり父は偉大なんですね。


様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。


中でも特に重要度の高いものとしては免許証など、自動車関連のものかもしれません。


運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが本人確認書類としてよく使われているということもあって、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。


しかし、なぜか車庫証明の登録し直しのことは、忘れられがちです。


これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、車庫証明も免許証と同時に手続きをしておきますと二度手間にならずに済みます。


我が家は近頃、三回目になる引越しをしました。


引越しの洗濯する作業はいつも大変ですが、慣れてしまえばなんともありません。


荷造り、荷ほどき、ほとんど私がすることです。


主人は毎回家電、家具などの大きなものを掃除や片付けをしてくれます。


ただ、今回は洗濯機の水を抜くということを忘れてしまったようで、新居の洗面所で水が出てしまいました。