私は普通肌です。


普通肌なので入浴後のスキンケアはすごく適当でも特に問題ないことが多いのですが、脂肪が少ない部分だけ乾燥が気になるのでお手入れしています。


乾燥による肌のかゆみが出てくるところは例えばお尻。


私は痩せているので骨盤のような大きな骨がごつごつしているところは骨の形が分かるんですが、骨の形が分かるということは脂肪量が少ないんですね・・・。


お尻でも脂肪量が多いところにかゆみはないのですが、ウエストの近くは骨盤の出っ張りがあります。


骨盤は蝶のような形をしているんです。


上の方が大きくて下に行くほど閉じている形。


ですので、下の方に行くほど脂肪量が多くなり上の方は痩せ形体型だと脂肪量が少なくなり骨盤の形うきが出てきます。


そういう部分は気をつけていても乾燥してしまいますし手入れしなければ粉を吹いたり湿疹が出ることもあります。


あばら骨もまた同じような状態に・・・。


あばら骨が浮き出るほどではないけれどやはりうっすらあばら骨が見える状態なので服の摩擦で簡単に乾燥することも。


入浴のときこすり洗いが過ぎるとその日のうちにあばら骨に剃ってかゆみが出ます。


やっぱり脂肪量が多ければ肌の乾燥は抑えられるということでしょう・・・。


自分のカラダを長年観察していてダイエットに成功したときの方が乾燥するのでこれは間違いないと思います。


体重が増えたときの方が肌の調子は良いです。


少なくとも乾燥具合から言うと痩せているときの方が悪くなっていました。


骨に沿ってかゆみが出た場合はボディークリームでケアします。


そのままになどしていたら乾燥がどんどんひどくなってしまいます。


顔は多重の変化があってもふっくらしているので特にスキンケアはしなくても良いのでラク。


私は元々普通肌なので顔のスキンケアさえする習慣がなかったのです。


カラダのほうは年齢的な問題も含んでいそうですが痩せるに従い乾燥状態が目立つので体重の変化にも敏感になりました。