口内環境は複雑なので、口臭の改善には複数の方法がありますが、殆どのケースで疑ったほうが良いのが虫歯や歯周病との関係です。


虫歯や歯肉炎には、症状を引き起こす原因菌というものが存在しますが、その菌の多くは歯の周囲を囲っている歯周ポケットという場所に潜んでいます。


その菌は、唾液や血液に含まれるタンパク質を分解しながら生きていて、その分解するときに出るガスが口臭の原因となります。


その原因菌が一番好きなものが、食べカスです。


菌はどんな人にも存在していますが、食後のケアを怠って溜まった食べカスがタンパク質を大量に持っていて、原因菌を増やすきっかけとなっているのです。


原因菌が増えているサインは、分かりやすく虫歯や歯肉炎といった症状で出てきます。


逆にいえば、この虫歯や歯肉炎を改善し、原因菌が出すガスを減らせば、口臭の原因を大幅に減らす事が出来るのです。


虫歯は分かりやすい症状ですが、歯肉炎は気付きにくい為に、知らない間に症状が進んでいる可能性もあります。


1回の歯磨きでは口臭が収まらないもの、この歯茎に原因があります。


炎症を起こして古い血やリンパがたまった歯茎には、口臭の元となる原因菌が大量に発生しているので、簡単に磨いただければ臭いが消えないのです。


定期的にケアを続ければ、口臭も減ります。


また、タバコやお酒も口内の炎症を引き起こし、虫歯や歯肉炎の元となるので、嗜んだ後には食後と同じケアをする必要があります。


ブリアン善玉菌の歯磨き粉もあり、お口の健康を整えてくる可能性が秘めてました。


小さい頃から善玉菌が多い方がいいですよね。